ワードプレスのバックアップ。『BackWPup』の使い方






 

ワードプレスで、ブログを書いていくのであれば、
必ず、バックアップのことを考えたほうがいいです。
私自身、ワードプレス初心者だった頃、バックアップを考えないでやっていて、
ワードプレスがおかしくなってしまい、復旧しようとしたら、
誤って、全部消してしまったことがあります。
その時、書いていた記事数は、100記事くらいあったので、ショックで目の前が真っ白になりました。(´・ω・`)

 

自暴自棄になって、街中で女の子に声を掛けまくって、ナンパをしていたくらいです。
当たり前ですが、雰囲気がおかしかったので、みんな逃げて行きました。…。

バックアップを取っていないだけで、いざ、それが消失をした時、
精神的におかしくなって、犯罪者になる確率があがるので、バックアップは必須です。
記事が多ければ多かったほど、消失のショックは大きいです。(・∀・)

さて、冗談はさておき、
ワードプレスのバックアップですが、ワードプレスのプラグインで行います。
『BackWPup』という名称のプラグインです。
導入は簡単なので、忘れずにやっておくことが大切です。

 

BackWPupプラグインとは?

ワードプレスのブログデータっていうのは、HTMLとは違い、
サーバーのPHP&MySqlで動いています。
つまり、データーベースに記事を収めていく。
という構造をしていますので、
データーベースをバックアップできるプログラムが必要なわけです。

BackWPupは、そのデーターベース形式のデータを常にバックアップできるプラグインなわけです。
ワードプレスブログというのは、

  • サーバー上のデータ:画像ファイル、テーマ、プラグインなど
  • データーベースのデータ:記事、コメント、カテゴリ、設定情報など

と2種類に分かれています。

この2つをバックアップできるのが、BackWPupプラグインというわけです。

 

 

BackWPupの設定方法

プラグインの追加画面で、あらかじめ『BackWPup』をインストールをして有効化しておきます。

 

 

それが完了したら、使えるように設定が必要です。
サイドバーにBackWPupのメニューボタンが表示されているはずです。
(されていないなら有効化していない可能性があるので、有効化しておきましょう)

 

クリックをします。
そうすると、BackWPupの子設定がでてきますので、その中の「2.ジョブを作成」をクリック。

 

【このジョブの名前】はジョブ名で、任意の名前を付けておく。

 

【アーカイブ形式】は、どの形式でバックアップを取るか決める箇所です。
windowsを使っているなら、zipでいいでしょう。
Macを使っているなら、TarGZipでいいでしょう。
自分のパソコンで開ける環境のものを選ぶことです。

 

【バックアップファイルの保存方法】は、
どこにバックアップを保存するか指定します。
いろいろ保存できるクラウドサービスはありますが、
今回は、Dropboxを指定します。

 

ちなみに余談ですが、私はAmazonS3サービスに保管しています。
理由は、サーバーが置かれている国を選べますし、個人的にAmazonサーバーのほうが信頼できるからです。
私は、シンガポールサーバーを使っています。
日本国内の地震災害率があがっている現在、国内のサーバーを使うのはちょっと不安があるからです。
まあ、Amazonサーバーに詳しくない方はとりあえずDropBoxでいいと思います。

 

最後に『変更を保存』をクリックして設定を保存します。

 

次に、上のタブ部分で、『To:Dropbox』を選択します。
ここで、BackWPupとDropboxを紐付けして、
Dropboxのほうに、自動バックアップがされるようにします。

まず、【コピー先フォルダー】で、
Dropbox側で保存するファイル名を決めておきます。
デフォルトでもいいですが、分かりやすい名前を自分で任意に決めたほうがいいでしょう。

それから、[Dropboxのアプリ認証コードを取得]をクリックします。

 

Dropboxの自分のアカウントにログインします。

Dropboxのアカウントを持っていない場合は、ここからでも作れますが、
あらかじめDropboxの方でアカウントを作っておいたほうがいいでしょう。

 

アクセスの許可を求められますので、「許可」をクリックします。

 

BackWPupプラグインに入力するDropBoxの【認証コード】がここで発行されますので、
これをなぞって、コピペしてください。

 

ペーストをして、認証キーを入力します。
DropBox内のファイル名をきちんと入力していることも確認して、
「変更を保存」をクリックします。

 

そうすると、自動的にDropbox側にフォルダが作られ、[認証済み!]の表示が出てれば、紐付けの設定は完了です。

最後に念のため、『変更を保存』をクリックして設定を保存します。

 


作ったjobは、「ジョブ」から編集、手動保存できるよ

ジョブをクリック。
作ったジョブを編集できます。

【編集】⇒編集画面へ
【コピー】⇒ジョブのコピー
【削除】⇒ジョブの削除
【今すぐ実行】⇒クリックすると、即座に現時点でのバックアップを作成。


スケジュール設定

 

「スケジュール」タブをクリックします。

【ジョブの開始方法】の[Wordpressのcron]にチェックを付けます。

【スケジューラ】は、自動でバックアップをとってくれる時間を決める欄です。
毎日取ったほうがいいとおもいますので、毎日にチェックを付けて、
デフォルトだと3時になっていると思います。
特に問題がなければ、このままでいいです。

 

DB Backup設定

「DBバックアップ」タブをクリックします。
ここでは、何をバックアップするか選択できますが、
基本的に、全部バックアップするべきなので『All』を選択します。

 

ファイル設定

「ファイル」タブをクリックします。
大見出しのチェックポイントすべてにチェックつけます。

ちなみに【除外】は、バックアップから除外したいものなので、
チェックをつける必要はありません。

 

プラグイン設定

プラグインは、デフォルトのnoneでOK。

 


 

とにもかくにもバックアップは、いざというときのために必要です。
サーバーに問題が起きた時も、データが消失したとしても、
すぐに復旧ができるでしょう。
サーバーの引っ越しをするにしても、簡単にできます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です