ワードプレスブログにソーシャルボタンを追加するプラグイン。『WP Social Bookmarking Light』






 

ワードプレステーマにもよるが、
ワードプレスブログにソーシャルボタン機能が標準で搭載されていないテーマであれば、
プラグインで、ソーシャルボタンが表示されるプラグインを追加しておいたほうが、
ユーザビリティでも、SEOでも良い。

 

ソーシャルボタンというのは、次のようなもの。

  • twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • mixi

など、ソーシャルメディアに飛ばすボタンをワードプレスブログに表示させておいて、
ブログ記事を読んだアクセスユーザーに、そのブログ記事を、自身のソーシャルメディアで、拡散してもらう目的がある。

 

もちろん、ブログ記事を拡散して貰えることは稀だが、
ブックマークぐらいはしてもらえる確率は高いので、
ブックマークで有名で使いやすいと評判の、hatenaブックマークぐらいのボタンはあったほうがいい。ブックマークされることで、SEO的にも強くなり、アクセス数が伸びる要因となる。

ソーシャルボタンは、無料ブログでも標準搭載されているレベルの機能なので、
自分で運営するワードプレスブログに付けておくのは、WEBスキルとしては常識とも言える。

初心者は、表示させるのを忘れてそのままになりがちなので、
忘れずにプラグインを追加して、表示させておこう。

 

ワードプレステーマによっては、既に搭載されいているので注意

 

現在は、優秀なワードプレステーマであれば、
テーマ自体に、ソーシャルブックマークボタンが搭載されているテーマがほとんどである。

むしろ、そういうテーマを最初から選ぶというのが、プロの意識でもある。
わざわざ、そういう機能がない、ダメテーマを選択している時点で、
ネットビジネスでは負け組一直線とも言える。

ちなみに、私がオススメする「賢威」や、このブログでも使用している
Refine pro」といったテーマには標準で、ソーシャルボタンは搭載しているので、
わざわざ『WP Social Bookmarking Light』を追加する必要はない。
無料ワードプレステーマの「stinger3」にもソーシャルボタンは標準搭載されている。

ただし、標準搭載されているワードプレステーマでも、
自分が表示させたいボタンがない場合があるので、追加でソーシャルボタンを付けたい場合は、この『WP Social Bookmarking Light』を使うという手もあるので、追加しておいて損はないプラグインです。

 

『WP Social Bookmarking Light』の設定

1.プラグインの追加で、『WP Social Bookmarking Light』を検索し、追加して、有効化する。

 

2.設定から、WP Social Bookmarking Lightをクリックし、設定画面を開く。

 

3.まずは、一般設定タブから設定をしていきます。

設定から、WP Social Bookmarking Lightをクリックし、設定画面を開く。

一般設定では、4つの設定ができます。

  • 位置
  • 個別記事のみ
  • ページ
  • サービス

それぞれ、試してみて、どれが最適化を実験してみてください。
ちなみにオススメの設定は、

  • 位置は、「Both」
  • 個別記事のみは、「No」
  • ページは、「No」
  • サービスは「任意で適当に、ドラッグ&ドロップ」

です。

沢山種類があって、全部追加したくなりますが、
あまり沢山のソーシャルボタンを表示すると、逆にごちゃごちゃしてクリック率が下がるので、多くても5個ぐらいにしといたほうが良いです。
出しすぎはユーザビリティとしてはあまりよくありません。(・∀・)

 

Twitterボタンの設定

◆Twitterタブをクリックして、Twitterソーシャルボタンの内容を設定します。

「Via」に自分のツイッターアカウントを入力して設定しておくだけで、
あなたの記事がツイートされた時に、自動であなたのTwitterアカウント情報が、
ツイート文に含まれるようになるので、Twitterのフォロワーも増加する可能性が増えます。
あくまで、ほんのちょっとですので、過度な期待はしないようにw。(・∀・)

ブログ用のTwitterアカウントを持っている必要があります。
ない場合は作りましょう。

 

「Language」を”Japanese”にすると、ボタンが日本語表記になります。

 

Facebookボタンの設定

◆「FB」タブをクリックします。

 

「Locale」を「ja_JP」に変更する。
これで、日本語になり、Facebookボタンの「like」という文字が、
「いいね!」に変更されます。
必ず、変更しましょう。likeのままだと、日本人にクリックされる率が減ります。

 

◆「FB Like」タブをクリックします。

設定は以下の通りになります。

「Layout」
[buttton]:ボタンのみ
[button_count]:ボタンとカウント数

「Action」
[Like]:ボタン表記が、【いいね!】
[recommend]:ボタン表記が、【おすすめ!】

「Share」:シェアボタンの表示の有無

 

はてブボタンの設定

◆Hatenaタブをクリックして、Hatenaソーシャルボタンの内容を設定します。

「Layout」を、standardに変更します。
そうすると、カウント数も表示されるボタンになります。

 

Google+1ボタンの設定

◆Google Plus Oneを一般設定で追加しておきます。
Google Plus Oneタブをクリックして、Google Plus Oneソーシャルボタンの内容を設定します。

これで、カウント数も表示されるボタンになります。

 

Pocketボタンの設定

◆pocketを一般設定で追加しておきます。
pocketタブをクリックして、pocketソーシャルボタンの内容を設定します。

horizontalを選択します。

 


 

ソーシャルブックマークボタンは、最低でも、

  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • Google+
  • Poket

のボタンだけは表示しておきましょう。
ソーシャルボタンは、クリックされて拡散されるのが目的ですが、
自分の記事ページやサイトをデザインするという目的もあります。

 

自分のサイトの価値を高めるためにも欠かせないアクセントにもなるので表示しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です